ホーム>STAFF BLOG>サービス統括部長 堀>サイドナンバー化について
サービス統括部長 堀

サイドナンバー化について

堀ブログです。

 

本日の店長のブログにてご報告がありましたが、補足します。

本日、サイドナンバー化&カスタムした車輌を陸運支局に持ち込みました。

 

P8260226.JPG

P8260228.JPG

さあ!いよいよ運命の時が来たのでございます。

本日は嶋田と2名体制で臨みました。

それにしても今日は暑かったです。

男2人が汗だく状態。暑苦しくおぞましい光景でした。

 

今回はハンドル等も交換いたしましたので『構造変更検査』を受けました。

検査官がチェックに入りました。いつもとは違い若干の緊張が伴います。

結果は・・・・・・・・・。

 

あっさりOK!法令を守る為に注意深く作業を進行した甲斐がありました。

あとはいつものようにブレーキやスピードやライトの光軸検査。結果OK。

P8260229.JPG

有効2年の印鑑をもらうまでの道のりは、やさしいものではありませんでしたが

この印鑑をもらうときの充実感はたまりませんでした!

 

そして検査後、検査官に色々と聞いてまいりました。

 

ただあくまでも本日時点での法令です。法令はコロコロ変わりますのでご注意ください。

陸運支局によって、捉え方等に違いが有るのも事実の様ですし、年式によっても違いが有るようです。

今回の車輌は2001年式の883です。

 

 サイドナンバー化については

 ナンバーの縦置きはNG。縦だと見えづらい、読みづらいからだそうです。

 ウインカーはテールランプよりも外になくてはいけない。

 またテールランプの外枠ラインにウインカーが被ってはいけない。

 反射板は車体の中心になくてはいけない。

 

 そしてそして、よくわからなかった『テールランプの位置』

 についてですが・・・・・・・やはり決まりがありました。

 このテールランプの位置がちょっと複雑でして、文章での説明が難しいのですが

▲車幅の1番外のライン(大抵はハンドルの先端やレバーの先端)から

 40cm以内にテールランプがなくてはいけない。

 例えば

 車幅が150cm有る車両は、車体中心からかなり外側に

 テールランプをつける必要があるということになります。

 これに対応できない場合は車輌の中心にテールランプを備えなくてはいけない。

とのことでした。

 

文章での説明が下手ですみません。

あまりの理解力の無さに、講師をしてくれた嶋田が呆れておりました。

 

余談ですが、堀籠情報でウインカーの最低地上高も、

この数ヶ月の間に法令が変更されたようで

地上から25cm以下にウインカーを取り付けるのはNGだそうです。

特にフロントウインカーをフレーム下部に取り付けるカスタムの際は注意が必要です。

 

しかし今回は合法カスタムが大成功しました。

あとはオーナー様の免許取得待ちです!

説明がうまく出来ず逃げるように・・・。

 

堀ブログでした!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hd-makuhari.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/169

コメントする