ホーム>STAFF BLOG>STAFF>隠れた所に・・・(ー。-)
STAFF

隠れた所に・・・(ー。-)

曇ってますねー翔太ですscissors

今年の残暑はまだまだ暑さが続きそうですが、バイカーの皆様sign03ガンガンバイクに乗ってツーリングに出かけましょうbicycledash

さてさて今回皆様にご紹介いたしますのは、隠れた所の消耗品一部をご紹介いたしますdiamond

愛車を毎日見ているオーナーさんも、こんな所はあまり見ないのではないのでしょうか。

まず初めにダメになったホイールベアリングです↓

P8260230.JPGP8260231.JPGP8260232.JPG

特殊工具を使ってホイールベアリングを取ります。

ホイールに指を入れて回すと中のボールが摩耗して『ゴリゴリ』するのが分かります。

ダメになったベアリングと新品のベアリングです。

特殊工具を使って、ベアリングを圧入した後、パランスをとりますspade

今回は一発OKでしたheart02タイヤ交換の時などに一発でバランスがとれるとかなり嬉しいですhappy01

P8260233.JPG

 

次にフォークオイルを見て下さい↓

P8260234.JPGP8260235.JPG

トレーに入れてあるのが使用したフォークオイルです。

メスシリンダーの方が新品オイルになります。赤ワインみたいに綺麗な赤色をしてますwine

フォークオイルもずっと使っていると、オイル―シールの劣化などでオイル漏れなどの原因になりますsweat01

 

次はステムベアリングです↓

P8260237.JPGP8260238.JPG

ステムベアリングはテーパー型のベアリングが使用されています。

ハーレーのオーナーさんは御存知かもしれませんが、重い車体の負担がのしかかってくる場所でもあります。

点検の時に、ステムのガタや、調整を行いますが、ホイールベアリング同様『ゴリゴリ』していたら交換をしますbearing

こちらが新品のベアリングですshine

P8260239.JPG

堀工場長からお借りした便利工具で、ベアリングの中にグリスをたっぷり入れますnotes

P8260241.JPGP8260242.JPGP8260243.JPG

これはカ・ナ・リ便利ですcatface

この工具を使えばベアリングの中にシッカリとグリスを入れる事が出来ますfull

堀工場長ありがとうございましたup

今回はフロント周りを整備する機会がありましたのでご紹介させて頂きましたが、まだまだ隠れた所に消耗品は沢山あるのですeye

心配な方は是非一度点検を検討してみてくださいwrench

カスタム、点検、修理等ご相談はお気軽にスタッフまでお願い致しますtelephone

 

ハーレーダビッドソン幕張 堀籠 翔太scorpius

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hd-makuhari.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/170

コメントする