ホーム>STAFF BLOG>工場長 嶋田裕介>カム交換
工場長 嶋田裕介

カム交換

こんにちはサービスの嶋田です。

今回はスクリーミンイーグル・パフォーマンスカム御紹介します。

最近は純粋にカムだけの交換です。

初めて投入するのがこの『SE-254E』というカム。

 

PB150451.JPG  

カム山も大きくなっていて期待できそうです。

 

早速カムニードルベアリングを交換して取付作業にかかります。

PB170456.JPG  PB170458.JPG  

 

新品のベアリングを圧入します。

 

PB170459.JPG  

 

カムを圧入したらきちんと規定の深さまでベアリングが入っているか確認します。

 

PB170460.JPG 

 

組み付け完了です。

PB190487.JPG 

 

そして試乗です。

 

1500回転からのトルク、確実にアップしてますね~。

 

ウルトラはかなり重量がありますが、1速~5速での2000回転からはグングン車体を引っ張っていきます。

 

2500回転でシフトアップすると大体2000回転に落ちるんですが、そこから気持ち良く加速できます。

 

 

交換する前はもう少し回転数を上げないとスムーズに加速しなかったんですが、低速が非常に力強くなりました。

 

 

 

非常にハーレーらしいカムだと思います。

 

 

 

お客様からは、全然違う!!速度が落ちてもギヤを下げずに再加速できる!!

 

との感想いただきました。

 

ノーマルのエンジンでは物足りなくなってきた方、是非ご検討ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hd-makuhari.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/267

コメント(1)

持ち主です(笑)

300キロ走った感触ですが、街乗りで流すだけなら2,000回転から上はいらんです。
高速の流入路くらいですかね、それより上使うの。
以前と比べるとパワーバンドが1,000回転近く下がった感じです。
(とはいっても、上がふん詰まりというわけではなく、4,000回転チョイまで
軽く回りますがね←それより上はまだ試してない)

ちなみに、振動と鼓動感、排気音がでかくなるので、ノーマルマフラーでも結構楽しめます。
街乗り50~60キロで5速に突っ込んで、大きめにアクセル開けるといい感じです。
ノッキングもオーバーヒートも減りましたし・・・。

ただ、ちょいと排ガスがにおうのと、燃費は1割減です。(街乗りのみで15~16キロ/リットル)
しかもヤッコステー折れとかファンボルト折れとか気をつけないと、また新たな
伝説を作ってしまいそうです・・・(苦笑)

コメントする