ホーム>STAFF BLOG>サービス統括部長 堀>260タイヤ・スイングアーム電装ユニット類収納。
サービス統括部長 堀

260タイヤ・スイングアーム電装ユニット類収納。

堀ブログです

 

最近、腕が変な感じで日焼けするなぁ、と思ったら『溶接日焼け』でした。

海に向けて(焼ハマともつ煮目的で入水なし)腕だけはサロンでの『前焼き』必要なしです。

(若い人たちは初海の前にサロンで前焼きするんですって。知り合いの経営者からの情報)

 

43歳にはさっぱり理解出来ません。

「海行くんでしょ?」と思う。きっとそれが古いのでしょうけど・・・。

 

 

さあ題名通り。

只今フィッティング作業中の『260タイヤ他フルカスタム車』

大詰めを迎えました。

 

260タイヤを履くということはスイングアームを変更します。

となれば下の写真の、黒いのがつかなくなるんです。

P7213169.jpg

リヤタイヤとエンジンの隙間に隠れる電装ユニット類をキレイに収納するものです。

 

これの変わりを作らねばなりません。

こんな3D的なもの作れるのか・・・。

 

まずはじっくりとレイアウトを妄想します。妄想は得意中の得意。妄想族ですから。

P7203155.jpg

P7203154.jpg

四角いボックスが3個。なにげにそれぞれが大きいのが痛い。

上からBCMユニット、セキュリティーサイレンユニット、ABSのユニット。

 

ここで重要な点!

BCMユニットを収納する際、

純正位置と「向き」「角度」を大きく変えてはいけない

ということ!

 

このユニットは色々な機能があるのですが

その中に

『転倒時の点火カット』

エンジンをストップさせるという機能があります。

 

車体の転倒を感知する機能が備わっている訳です。

ということは・・・そうなんです。反対に付けるやら何やらするとエンジンが・・・。と。

軸だのY軸だの、ややこしい規制があるわけです。

 

では、まずはセキュリティーのサイレンユニットから。 

P7203156.jpg

こんな感じの透明なフィルムが便利(クリアファイルを一枚拝借)

これをベースに

 

P7203157.jpg

P7203158.jpg

P7203159.jpg

終了。あえて中心より左にオフセットさせて収納。

 

理由は次にBCMユニットを収納しようと思うのですが

手に持っているBCMユニットのカプラーを右側奥へ逃がすためです。

 

さあ残り2つ。BCMユニットとABSユニット。

P7213160.jpg

こんな感じで作製開始して~。X軸だのY軸だのを十分考慮して~。

 

P7213162.jpg

BCMユニットを入れるポケット作って~

 

P7213167.jpg

P7213168.jpg

ABSユニット収納も兼ね備えなくてはいけないので

こんな感じのステーに発展させて~

いざ収納。

 

P7213163.jpg

P7213164.jpg

タイラップって便利。脱着も簡単ですし

軽いユニット達ですからこれで十分です。ガッチリ固定できました。で、

 

P7213166.jpg

蓋して完成!

これで、すべてのフィッティング作業が完了!

 

P7223171.jpg

加工、ワンオフしたパーツ群。

外注先に持っていきます。

納期に間に合ってくれ~~~。

お客様が楽しみにしております~~~~なんとか~~~~お願いします~~~~~。

でもお盆前~~~~。

 

堀ブログでした!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hd-makuhari.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/842

コメントする