ホーム>STAFF BLOG>サービス統括部長 堀>FXDWGの壁を突破・パート2・やっぱりこうしてみました
サービス統括部長 堀

FXDWGの壁を突破・パート2・やっぱりこうしてみました

堀ブログです。

 

43歳。少しずつ自分の体が変化していることは実感しています。無論進行形です

それらを今までは仕方がないことと、なんとか全てを受け止めてきた次第です。

メタボ、体力低下、筋肉減退、視力低下、肌のハリとシミ、各所?の白髪・・・などなど・・・。

 

でもついに来てしまったんです。あれ・・・。

ウソでしょ?まさか俺に?この歳で?ありえないっしょ!間違い!だ・・・よね?

違うよ!・・・って誰か言って・・・。

 

きっかけは嫁の一言。釣りの準備で針に糸を通しているときです。

『なんかおじいちゃんっぽい』って。

『?』と聞き返す

『なんでわざわざそんなに遠くで見るの?』と。

 

言われれば最近、小さなものや細かい物を見るとき遠くに離してる・・・。仕事上でも・・・。

この感じ見たことある・・・。遠くにするとピントが合う。近いとぼやけて見えない。 

 

老眼。どうやら間違いないようです。調べれば40歳くらいから始まる人もいるとか。

休みの日、眼科&メガネ屋行きです。まじか~。いやまだ望みは・・・

遠近両用メガネ的なものはちょっと・・・。

 

 

ということで前置きが長くなりましたが

FXDWGを乗りたいが小柄でステップが遠かったり、

ブレーキングがきつく諦めておられる方。

 

また現在乗っているがもう少し近いほうが楽かも。なんていう方。

 

純正、社外品、ワンオフで色々調整できます。突破できます!

と以前のブログでご紹介させていただきました。

 

ブレーキロッドにワンオフ部品を作って合体させブレーキペダルを立てました。

P9013396.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が!なんか見た目的にも、強度的にも引っかかっていたので

納車前に作り直しです。

P9063401.jpg

こんなのを旋盤&フライス盤で削り出し

 

P9063403.jpg

こんな感じで鉄棒を曲げ

 

 

P9063409.jpg

お尻のネジ部も合わせて溶接で合体。

 

P9063411.jpg

ツーリングモデルとかのフットボード固定用のボルト&ナットを流用です。

穴をあけてクリップ入れてナット脱落防止加工も。

ボルトに段がついています。必然にナット締め込んでいくとここでナットはストップします。

これを使って

 

P9063408.jpg

ブレーキペダルに固定すれば、可動しなくてはいけない部分を潰さずに固定が可能

 

P9063404.jpg

P9063406.jpg

P9063407.jpg

フレームなどに干渉していないか確認して終了。

 

そうです。アダプター的なものはやめて

ブレーキロッド自体をワンオフしました。

 

こっちのほうが見た目や強度的にもいいし

本来の調整機能がそのまま生かすことができますし

ブレーキタッチも違和感なく自然に仕上がります

 

小柄でもFXDWGに乗りたい方。ぜひご相談を!

体格で諦めていた他車種も、色々な方法で克服することできるかもです!

 

堀ブログでした! 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hd-makuhari.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/889

コメントする