ホーム>STAFF BLOG>STAFF>サービス 木賀>マスターシリンダー
サービス 木賀

マスターシリンダー

こんにちは。木賀ですbeer 

今回はマスターシリンダーについてお話させて頂きます。

以前、フロントブレーキが効きっぱなしの車両がありました。

原因はマスターシリンダーのピストンが押されたまま固着して戻ってこない状態でした。

まず、マスターシリンダーのフタを開けてみると、

082.JPG 083.JPG 

何だか解らないものが大量にこびりついていました。

ブレーキオイルにも異物がたくさん浮いていました。

このような異物が詰まってしまうとマスターシリンダーの動きが鈍くなり

ブレーキが効かなかったり、効きっぱなしになってしまったりしますので、

定期的なブレーキフルードの交換が必要になります。

ブレーキオイルの交換時期は車検時(2年以内)の交換をお勧め致します。

他にも定期的なメンテナンスが必要な箇所がたくさんありますので、

定期点検・車検整備の入庫の際は、気になる箇所、質問等

お気軽にご相談下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hd-makuhari.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1087

コメントする