ホーム>STAFF BLOG>サービス統括部長 堀>作業ごとのポイントをしっかり抑えてご提供します!ウィークポイント。
サービス統括部長 堀

作業ごとのポイントをしっかり抑えてご提供します!ウィークポイント。

堀ブログです。

 

これまたどうして大きく出た題名のわりにこれから書く内容は・・・。

 

いや!しかし!

私の、いやサービス部が日常で心がけていることでございます。

 

さあまずは前回、ご紹介させていただいた

他店で修理を断られてしまった『FXLR』 (このまえ間違えてFXRTって書いちゃってすみませんsweat01

 

年式、保管状況によって

『経年劣化』

というものがどうしても起こります。

 

よく経年劣化で痛みや硬化などが起こるのが

プラスチック部品やゴム部品。

 

こんなところにも要注意です。

20151213102051.jpg

 

これはキャブレターにガソリンホースが刺さる部品。

亀裂が入っているのがお分かりになりますでしょうか?

たぶん近いうちにガソリンが漏れてきます。

20151213102814.jpg

プラスチック部分を破壊するとブラスの部品が出てきました。

 

ということで、

20151213102325.jpg

新しい部品は 『FULLブラス製』

に変わっています。純正品です。

最初からこの方がよろしかった?

いえいえ。少しずつ部品や構造を見直し、調整改善しての現在でございます。

私、そういうものと考えます。

 

この部品は圧入されていますので

熱をかけて外そうとおもいます。

20151213103044.jpg

キャブ内にこんなプラスチック部品やゴム部品が入っていますのではずしてから

熱をかけてあげます。でないと???こういう部品たちが熱で変形してしまいます。

 

20151213103319.jpg

20151213103349.jpg

入れ替え終了。

ラッキーだったのはこの部品がかろうじてメーカーにあったことですね。

 

 

さあつづいては1200Rのカスタム。

2015121310367.jpg

純正の2連メーターとインジケーターを、

下のめちゃくちゃ小さいメーターに変更します。

 

2015121310384.jpg

20151213103833.jpg

20151213103859.jpg

20151213103928.jpg

2015121310401.jpg

 

こんな部品たちも組み込みます。

チューニングです。が・・・・。

 

分解して組むだけなら簡単なんです。マニュアルどおりに組めばいいんです。

 

しかし!仕事として整備士をしている我々がそれではいけません。

ポイントを抑えなくてはいけないんです。(強引にもっていきましたよ)

 

残念ながら

年式、モデルごとに 『ウィークポイント』 が少なからずございます。

ハーレーだけではないですけど。

 

ですが、日々ご依頼いただく作業上で

このウィークポイントを改善あるいは修理&予防

『ついでに』

という形で、行うことができるチャンスが生まれることがございます。

 

今回、作業をご依頼いただきました1200Rではこんなところが

ウィークポイントなんです。

一部をご紹介すると・・・。

 

20151213105336.jpg

2015121310547.jpg

セルモーターの付け根からのオイル漏れ。スポーツスターでよくあります。

プライマリーカバーのネジを全部、ピカピカのネジに交換するために

プライマリーカバーを外しますので

『ついで』 にやらせていただきます。

 

このついでにもう一箇所。

2015121310576.jpg

20151213105746.jpg

セルのお隣にあります

ステーターという部品のケースへの圧入部分。

ゴムなので硬化したり痩せてきたりしてオイルが漏れてきます。

 

04~のスポで、セルモーターの下あたりがオイルでべちゃべちゃの場合は

ほぼ、セルの根元かステーターの圧入部分どちらかからオイルがもれています。

 

今回もステーターからのオイルもれが若干確認できました。どちらかといえば

『予防修理』

の意味合いで、一度取り外し液体ガスケットを塗布&フッソスプレーで

オイル漏れとゴムの劣化を予防しておきました。

 

2015121311102.jpg

20151213111031.jpg

 

他にもオイルシールやガスケットなど

ウィークポイントや交換すべき部品など多々ございます。

 

ポイントを抑えてしっかりと作業させていただきます!

 

修理からカスタムまで  ハーレーダビッドソン成田&幕張サービス部

 

堀ブログでした!

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hd-makuhari.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1726